FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ニュ-ジ-ランド紀行 5


 今日の活動は、まず町を散策してから氷河の雪解け水を使った温水プ-ルでリラックス、
 ここなかなか良いです。 周りの景色は原生林のような感じ、でもよく見るとシダ林

 
ranking 

 newzealand35.jpg

newzealand71.jpg

 一見木のようにみえますが、ニュ-ジ-ランドのシダ、根が盛り上がっていって上に成長する。 土地が痩せているせいでしょうか?

 そして氷河へ !

 氷河は町から5キロほど。シャトルバスを頼んで、駐車場からは林の中の遊歩道を抜けて、

newzealand39.jpg
 遊歩道からみえる氷河

 遊歩道の終点に「ここから先はガイド付でないと肺ってはいけない趣旨」の看板がありますが、皆さん無視で行くので我々も、河原のようなところをしばし歩いて氷河の淵まで、

newzealand42.jpg

 河原にはヒスイの原石らしきものがごろごろしてました。

newzealand52.jpg

newzealand55.jpg
 氷河の淵

newzealand58.jpg
 氷河から流れで雪解け水

 幸い天気が良くてついたときに雲が晴れてくれて...,、

newzealand63.jpg
 地球温暖化の影響か、氷河も凄い勢いで後退しているようです。  山頂の方の降雪量が減っているのではないかと思いますが、

 個人でいけるのはここまで、ここから先は、それなりの装備とガイドさんがいないと無理です。

 登山道具等持って来ていないので、ガイドツア-は装備は自前でなければいけないし、遊覧のヘリや飛行機は出ているのですが、 ヘリとガイドつきのツア-(装備は貸してくれる!)それが氷河の良いところにいけるらしいのですが、

 上からは「ヘリにしなさい!」といわれたのですが、

 値段が高くて迷ってしまって...、

 タイミングを逃して、翌朝行こうかと思ったのですが、天候悪化して、翌日からはヘリ飛べない状態になってしまって....、

 山の天気は代わりやすい!!!

 しょうがなくて、ニュ-ジ-ランドは乗馬が安く出来るとのことで(もちろん日本と比べて),
 乗馬へ
 人生2回目、

 ヘルメット着けて簡単な説明を受けて、いきなり馬に乗って、はい外へ!

 簡単すぎません ????

 ま、馬が良く訓練されてますから、

 正確に言えば「馬に乗っている」のではなくて「馬に乗せてもらっている」状態

 河原のようなところを1時間ほど散策してきました。

 なかなか楽しい経験ではありましたが、

 途中、プケコ(飛べない鳥)が居たらしく、友人が「プケコ!、プケコ!」と叫んでおりましたが、僕は何のことやら分からなくて...,、

 終わってから、また氷河のプ-ルでリラックスして....、

 翌日は、もう帰り.....一体何しに来たのでしょうか?



 
ranking 
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。