FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ニュ-ジ-ランド紀行 3


 翌朝、Nさんに車で空港まで送ってもらって、

 因みに、ニュ-ジ-ランドではカ-ナビは全然普及していません!
 というか、カ-ナビ自体を必要としていないみたいです。


 僕の経験から言って、カ-ナビは、知らない所を走るには有るととても便利ですが、知ってる道を走るにはむしろ邪魔な存在のような気がします。



 
ranking 


 空港で、Nさんと別れて以降は、友人と一緒に日本人村での行動となります。

 クライストチャ-チの空港の国内線のチェックインカウンタ-へ、荷物の預け方等分からなくて係りの方に聞いて....、こちらの方は親切な方が多いようです。 無地にチェックイン済ませて搭乗待合室へ....何故か一旦ビルから出て脇の通路を通ってこじんまりとした待合室に着きます。 何人か先客の方が居られますが、係りの方は誰もいません。

 友人曰く こちらは、何分ノンビリしていてギリギリにならないと来ないのだそうです。

 僕は、インド行った時にインドタイムは経験したことがありますが、ニュ-ジ-ランドタイムもある様です。

待っていると、飛行機が到着して、小型機ですから、ボ-ディングブリッジなんか無くて扉の内側が階段になっててそこから乗り降りするタイプです。 下りた乗客の方がゲ-トから入って来てそのまま通り過ぎていきます。

newzealand12.jpg

 僕らは、この着いたのに乗るのかなと思ってましたが...、

 僕らの番が来て搭乗券見せて、 係りの方に「英語で来ますか?」と聞かれる....???

 僕らの乗るのは、先ほどのよりもう一回り小型のこちら、20人乗り、因みに、満席でした!
newzealand13.jpg

 入り口で、パイロットの方に手荷物預けて、席に付いて見て、先ほどの質問の意味が分かりました。 僕らの席は、非常口のところの席だったのです! 搭乗が終わって、パイロットの方が扉を閉めて、僕らの席に来て、前の小物入れのとこにある非常時の処置方法のプレ-トを見せて、「これ理解できますか?」....一応「大丈夫!」とは言っときましたが、なんかあったら、非常扉の処置とかは、僕らがやんなきゃいけないみたい......ま、このフライトが無事であることを祈りましょう! その方が楽ですから、

 ここから西海岸のホキティカまで、フライト中は熟睡していたので、何があったか分かりません。

 で、ホキティカに無事に到着、
 newzealand14.jpg
 乗るとき預けた手荷物は、地面に置いといてくれたので自分のを持って、チェックイン時に預けた荷物のことを聞いたら、後で出口のところに持って来てくれるみたい。

 空港のビルはとてもこじんまりしています。 一回に20人までですから、これで充分かも、

 日本の地方空港が豪華すぎるように思えてきました。 ろくに飛行機とばないところもあるのに、

 newzealand15.jpg
 空港から見えるニュ-ジ-ランドの山々

 天気も良くてのどかですね...!
 
 町まで、タクシ-は? 聞いたら電話で呼ばないといけないみたい。

 電話して、来てもらって、町まで、車だと町まですぐなんですが、 運転手さん親切でいろいろ教えてくれたのですが....早口で何言ってるのか良くわからない。 分かったのが「フィッシュアンドチップス」のお店のこと、お店の傍で速度落として「この店がおいしいんだよ!」って、英語が苦手な僕でも分かりますね、 バス乗り場のところで下ろしてもらって、 ここからフランツ・ジョセフ氷河まではバスでの移動になります。
 まだ時間があるのでバスの受け付けのところに荷物置かせてもらってホキティカの町を散策へ、先ほどのフィッシュアンドチップスのお店でフィッシュアンドチップスで軽い昼食、魚のフライとポテトチップス、脂っこくて塩気が少しきついかな、こんな脂っこいものばかり食べてたら太るよね!

 ホキティカは、ニュ-ジョ-ランドヒスイが一番取れるところ、ヒスイ(JEDO)のお店が沢山あります。 海岸線を散策して、ヒスイのお店を観て廻って、気に入ったのを少し買いました。

 ジュ-シ-ランドのヒスイですが、場所によっては、中国産のをニュ-ジ-ランド産として売ってる場合もあるとのことです。 ここは原産地ですからその危険性は少ないだろうとは思いますが、

 バス乗り場に戻って、少しノンビリしてたらここキウィ(鳥の展示場?)もやってるみたい。 入場料払ってみて来ました。 生キウィ(鳥の方)! 展示室が暗くて、夜行性ですから、でも動いているのを近くで見ることができました。

 バスの時間になってここからインタ-シティのバスでフランツ・ジョセフ氷河まで2時間の旅、

 バス飛ばすこと! 途中、急に止まったなと思ったら、

newzealand21.jpg
 牛君たちの横断でした!

 結局夕方に、フランツジョセフの町に到着、宿は予約してあったYHA(自炊の出来るユ-スホステル) なんせ、予算に限りがありますから、 ここに3泊の予定。
 僕、あんまりあくせくするの嫌いなんで、ノンビリしたい方なんです。

 そういえが、身近な存在で、海外旅行に出たら名所旧跡は全部見ないと気がすまない方が下りますが、
 「それって普段の生活より忙しいんじゃないの?」と聞いたら、
 「そうや、せっかくいくのだから全部見ないと損じゃない! 帰ってからノンビリすればいい。」と申しておりました。

 一緒に海外旅行にはいけませんね!


 
ranking 

スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。