スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

森と文明 5


 森と文明の5回目です。

 本「森と文明の物語-環境考古学は語る」 安田善憲著の概要です。

ヨ-ロッパ文明と森についてです。

-----(引用開始)----------------------------------------------------
 英語のオ-ク(oak)はカシと訳される。 これは誤りである。 オ-クには、常緑のカシと落葉のナラが含まれる。 地中海沿岸のオ-クにはセイヨウヒイラギガシ(Quercus ilex)などの常緑ガシがあるが、アルプス以北のヨ-ロッパのオ-クはすべて落葉ナラである。
-----(引用終り)----------------------------------------------------




ranking

 イギリスや北西ヨ-ロッパの諸国では、16~18世紀には国土の大半の森が消滅していた。 現在の森は近年100年程度で再生されたものである。

 アルプス以北の北西ヨ-ロッパの大地は深い森に覆われていた、この時代は「ドルイド僧」(オ-クの知恵を持つ者)によるアミニズムの時代、ここにキリスト教の布教と開墾が入り込んできた。

-----(引用開始)----------------------------------------------------
12世紀は大開墾時代と呼ばれる。

 ------

 聖なる森などは存在しない。 森の中に神などはいない。 こう宣教師は教えた。 神は唯一であり、その神と人間に奉仕するために森はこの世に存在するのである、と。

 動物裁判

 森林の大開墾が始まった12世紀に、北西ヨ-ロッパでは動物裁判という奇妙な裁判が行われるようになる。
-----(引用終り)----------------------------------------------------

 これは、森林破壊と住む動物たちを殺すことを正当化してキリスト教的世界観を人々に受け入れさせるための儀式であった様です。

-----(引用開始)----------------------------------------------------
ヨ-ロッパの風土は過酷である。
 中世の大開墾の時代は気候の温暖期だった。

 ------

 しかし14世紀以降、地球上に小氷河期と呼ばれる気候寒冷期が訪れる。

 ------

 1848年に、ヨ-ロッパではペストが大流行を始める。

 ------

 ペスト大流行の背景には、気候の悪化にともなう穀物生産量の極端な減少と、飢饉による人間の免疫力の低下があったともいわれる。

 ------

魔女の大虐殺
 気象災害や疫病が大流行する社会不安の中で、人々は心理的パニックに襲われた。 魔女の大虐殺が行われたのである。 上山安敏(「魔女とキリスト教」人文書院 1992)は、社会的不安が増大する中で、その不安を打ち消すために心の安全弁をもとめて魔女狩りを行ったと指摘している。

-----(引用終り)----------------------------------------------------


ranking
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。