スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

プッタパルティへ


 まさか、ゴダイカナルへ行った一年以内に再びインドを訪れる流れになるとは思いも寄らなかった。
 それも 今度は、新しいパ-トナ-と一緒に、 
 それも、スワミ(サイババ)の80周年のご誕生祭の時期に、
 この半年は、目が廻るそんな表現がぴったりする感じだった。


  ranking

 日本出発は、関空から、これもパ-トナ-の都合を優先した結果、
 旅行手配はスワミの所に行く人が良く利用するパラダイスツア-にお願いした。
 ちょうど、御降誕祭に向けてのツア-と重なった形で、僕らがそれに便乗した形となった。
 この時は、タイ航空利用のバンコク乗換え
 ( まだ、ドンムアンの国際空港経由だった。 ) 
 乗り換え時間があったので空港内のタイ式マッサ-ジのお店でマッサ-ジを受けて
 リラックスしてから、取替え便でバンガロ-ルへ、今日は、バンガロ-ルのホテルで
 一泊してから、翌朝、バスでブッタパルティへ
 アシュラム(プラシャンティニラヤム)着いたは良いが相当混んでいるようで、宿泊する
 部屋の交渉が難航している様で、暫し待たされる。

 結局、いつもなら外国人向けの宿舎通常二人部屋を何部屋か確保出来て、ベットを外して
 マットを敷き詰めて一部屋5人の雑魚寝状態での宿泊となった。
 
 翌朝から朝の3時半起床でダルシャンラインに並ぶ。 このころスワミは、小型の車で廻る
 状態となっておりました。 

 何故か、一緒に来た日本人グル-プから
 「御降誕祭のイベントで盆踊りを踊るので踊り手に加わりませんか!」
 とのお誘いが、断る理由もなかったので入ることにする。

 それから連日、午後の空き時間等が練習となる。

 浴衣も、扇子も日本から持って来たものを貸して頂くことに、

 そして、三日後、朝3時半起きで本番会場のヒルビュ-スタジアムへ

 御降誕祭の朝のイベントで国ごとにパレ-ドがあって日本チ-ム(たしか総勢8人)は、

 パレ-ドの先頭となって行進することに行進始まって、スワミの臨席する正面でひとしきり

 盆踊りを踊って無事終了!

 翌日も朝のダルシャンに出て、帰途に、帰りは、スケジュ-ルの関係で二人でタクシ-をチャ-タ
 して、途中、シルディ・ババのテンプルを見学してバンガロ-ルでシバの寺院見学等して
 バンガロ-ルからタイ航空でバンコク経由で帰途に着く。    

 結局今回は、盆踊りを踊るために来たような、ちょっと不思議な旅でした。



  ranking
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。