FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ゴダイカナル(インド)へ 4


 スワミのアシュラムは町の中心から少し離れた湖(人工の貯水湖のような感じ)の奥まった所にあります。

 歩こうと思えば歩ける距離です。

 ゴ-ルデンウイ-クの時期ですので日本からもパラダイスツア-ズのツア-で帰依者の方がたくさんこられています。 彼らはカ-ルトンホテル(ここで唯一の5つ星ホテル)に泊まってます。 入り口入ったロビ-脇に暖炉があって山小屋風の作りで料理もなかなか美味しいです。 ランチ一回食べに行ってきました。 バイキング風ですが、

 スワミの場所に来るとシンクロニシティが沢山おきます。

 聖地に来れば、起き易くなるのだと思うのですが、ちょっとした人との何気ない会話のなかに自分の人生にとって重要なヒントが隠されていたり、必要な人との出会いが合ったり....、

 とにかく僕は、自分の目的に専念することにしました。



  ranking

 午前中は、ダルシャンで、午後は、バジャンホ-ルでバジャン(神への賛歌)会、スワミの臨席でバジャンを歌うのは感動的です。 今回の旅では、一回だけバジャンホ-ルに入れました。

 アシュラムからの帰り道、日本からこられた方たちとお話ししていたら

 スワミは「今を生きなさい!」と言っている。

 のメッセ-ジのことが出ました。 これが僕の今回のテ-マになっていくのですが....、

 ある日、午前中のバジャンが終わってアシュラムから出ると、車両用のゲ-トのところに人だかりが出来ている。

 何だろうと離れた所から見ていると、しばらくしてから、車の隊列が出てきました。 先頭は警察の警備車両デで、2列目の車にスワミが座っている! その後に車の隊列が続く....、

 「え、移動....?

 スワミの移動が起きるとどうなるか?

 アシュラムは閉鎖になります。

 どこに移動したかは知らされません。

 早い話は、帰依者の人たちは取り残されます。 スワミが移動した先のアシュラムには自分で手配して移動砂ければなりません。 (もちろん、移動したければですが、)

 もっと嬉しいことに、この時の移動手段の料金は跳ね上がります!

 インド、ビジネスチャンスは逃しません!  ハイ、

 結局、これは、スワミが用事で近くの町に出かけていたようで、移動では有りませんでした。

 そしてヒ-リング! 

 これも僕の中では定番になってしまったのですが、インドにいくと誰か一人必ず気功でヒ-リングする羽目になるのです。

 今回も、朝のダルシャンでお隣に座った日本からの方が体調崩されていて気功でヒ-リングして宿舎までの帰りの車を手配することになりました。 この方は、無事に日本に帰られた様で良かったのです。

 そして、チャンスはやってきた!

 ある日の午前中のダルシャンで前から2列目に座ることが出来ました。 手紙を渡すチャンスです!
 後ろを見るとロシアからこられたと思しき方が手紙を渡す準備をされてました。

 ダルシャンが始まって、スワミのカ-ト(この時はカ-トに乗っての移動でした。)が近づいて来て僕の前へ、 すかさず、手紙を差し出す。 後ろの方も、周りの方も、

 僕の目の前に、5つの手紙が、スワミは、迷いも無く僕のと後ろのロシアからの方のを手にとって行きました!

 やった!!!!....目的達成! 

確かにチャンスはやって来た。 そして.....苦難もやって来た。 続く



  ranking
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。