FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ゴダイカナル(インド)へ 3


 翌朝早朝から朝のダルシャンに出席するためにスワミのアシュラムに通うことになるのだが、

 ゴダイカナルまで送迎してくれた運転手が何故か帰らない!

 アシュラムまでの送迎をするという。

 ウウ~~~ン! トラブルの予感


  ranking

 同僚君は、喜んで使うと言う。

 因みに彼の方がインド経験は豊富で一人でバスに乗って移動できるレベル

 僕は、さすがにバスは何かあってトラブルがあったら対応出来ないので使ったことがない!

 (限られた滞在期間で飛行機に間に合わなかったやばいので、タクシ-をチャタ-することが多い
  日本に比べれば全然安いですし、)

 ちょっと、彼とこの件で話ししておいた方が良いな...、

 翌朝、早く起きて運転手の車でアシュラムへ

 アシュラムは、町から少し離れて湖があってその奥まった所にあります。

 早朝はまだゲ-トが空いてないので外の道路の歩道の所に順番待ちをする。

 基本的には早い方が早く入れて良い席に着ける!

 早い人は早朝4時ぐらいから並ぶことになります。

 湖のほとりで静かなので(この時はまだ、)瞑想したりするにはもってこいです。

 ゴダイカナルの良い所は、アシュラムが小さいので(ちょっとした別荘を大きくした程度)で
 ダルシャン会場はその前庭(?)で行なわれるので人が5列程度に座れるかぐらいでスワミが
 近いのです。 プッタパルティみたいに1万人も入れる会場とは桁違いにこじんまりしています。

 スワミは5月のこの時期(この地方で一番暑いときの避暑地)にしか来られませんので
 (来ない時もある!)なかなか行く機会がないです。

 午前中のダルシャンが終わったら一旦宿に戻ったりして、また午後に今度はバジャン会に出るために
 アシュラムに通う日々です。

 今回の目的は、スワミにお手紙を渡すこと!

 宿に帰ってから日本で書いた下書きを推敲して清書して封筒に入れて渡せる機会を待ちます。

 運転手の件では、後日、同僚君と話しをしてみたのですが、

 不要なトラブルは避けて霊性修行に専念したい僕

 その主旨言ったら、彼曰く

 「僕はトラブルOKなんです。 それも修行のうち!」

 「気に入らなければ、金払わなければ良い! 金払ってないのは強いですよ!」

 考え方が全然違いますね!

 何時もそうなんですが、まったくタイプの異なる方と一緒になります。 そこでぶつかって磨かれるのかもしれませんね!

 この時期、道でやしの実売っていますが、僕は気にせず売り子さんの言い値で買ってしまいますが、彼はしっかり値切る!


 結局、彼に任せることにしました。

 案の定、後で法外な請求をされることになるのですが...、
 


  ranking
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。