FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ニュ-ジ-ランド紀行2010 2


 今回、行きたかった場所は、
 カイコウラ(南島でホエ-ルウオッチングで有名なところ!)。
 それ以外に、マウントタラナキ(富士山に似た山 北島にあります。)
 ラタナ教会(これも北島、出発前にニュ-ジ-ランドのことを調べるためにパ-トナ-が図書館で借りた本に載っていた所。)

 今から、レンタカ-借りてゆっくり廻っていては、日程的に無理で一気に今日中に北島のウエリントンまで飛行機で行ってしまった方が良いのでは....?
 となってネットで安いチケットがないか探して予約してついでにウエリントンのホテルも探して予約して...、友人がホテルチェ-ンの会員になっていたので良いホテルが安いお値段で予約できて、

 それから持って来た荷物を整理して、お土産に持って来たものは、友人がクライストチャ-チの友達のところに運んで、僕らは、夜の便だったのでそれまで2階のカフェでノンビリくつろいで夕食を食べて...、


ranking

 

 で夜の便で一路ウエリントン
 フライト時間は、30分ほど!

 空港から市内へはバスが安いかシャトルが安いか聞いて、結局シャトルで予約したホテルへ

 ホテルに入ってシャワ-を浴びてその日は熟睡!
 (ニュ-ジ-ランドお風呂に入る習慣がない! シャワ-が普通のようです。)

 我々の旅って、結構ハ-ドでサバイバルゲ-ムのようなところがあります。

 それにも慣れてきましたが、

 今回の旅の僕のテ-マは、

 自分の内面をしっかりと見つめ直すこと!

 過去のトラウマ等が、見つめるの避けていても普段の行動で何気ない動作に現れたりするものです。

 でも、それでは、本当の自分の人生を有効には生きられない。

 それを、しっかり旅の期間中に見直すことが出来るか?

 幸い普段から僕を見ているパ-トナ-も一緒ですので...、

 結局、自分の内面の感情等が変わらないと引き寄せの法則等も良い方向には発動できない!


 翌朝、ホテルで朝食を取ってから、歩いてウエリントンの観光案内所(インサイト)へ

 ウエリントンは映画「ロ-ド・オブ・ザ・リング」の撮影が行なわれた所で有名ですが、今回は時間が無くて

 マウントタラナキへのル-トやレンタカ-を借りる手配、
 帰ってからの南島に渡る手段、
 南島に渡ってからのレンタカ-の手配 etc.

 聞かなきゃいけないことは沢山あります。

 レンタカ-借りた時の自動車保険のことも聞かなければいけない。

 結局、レンタカ-は安い地元の会社のを2日間借りて、ホテルにピックアップしてもらっうこととして、
 ウエリントンに戻ってからインタ-アイランドフェリ-で南島のピクトンへそこでレンタカ-を4日間借りてクライストチャ-チで返すことで契約・予約等して、ホテルに戻ってチェックアウトして...、

 迎えの車に乗って、レンタカ-会社の事務所へ、必要な手続きをして車に荷物を積んで、

 一路マウントタラナキへ向けて出発!

 ここで、ニュ-ジ-ランド自動車事情を、

 日本と同じ右ハンドルで左側通行、ここまでは一緒、

 それで日本車も多い。 だからレンタカ-は借り易いと思いきや、

 日本と違って、右折優先

 これには運転していてかなり面食らいましたが、だからか交差点でやたらにロ-タリ-が多い!

 近い将来、左折優先には変わる様ですが、

 後、制限速度が速い、幹線ではだいたい時速100キロ、街中では50キロ、

 大都会の中では、もっと細かく制限速度が決められて入るようですが、

 それと走っていて感じたのは、こちらの方は、車間距離をあまり取らない!

 時速100キロ以上で走ってて車間距離とらないからちょっと減速すると危ない!

 みていてこちらの方は、道が登りに差し掛かるとアクセル踏み込みようであまり減速しません!

 下手に減速すると危ないからですかね?

 それと踏み切りでは日本みたいに一旦停止はしないみたい。
 (これは、走ってる列車の数が少ないことによるようです。
  列車が来ないと分かっていて一々一旦停止はする必要がないとのことのようです。)
 
 それとカ-ナビ(外国だとGPSの方が通りが良い?)はあまり普及していないようです。

 僕の借りた車にもカ-ナビは無しでした。

 交通標識も単純で、日本よりも分かりやすい感じでは有りましたが、日本で考えたら制限速度40キロとか50キロぐらいの道が100キロで、地元の方がそれ以上出してくるので運転していてかなりおっかないです!

 で一路1号線を北上してマウントタラナキへ

 途中、レビンの町で、少し早めの夕食を食べて、
NZ2010MB005.jpg

 スパ-マ-ケットで食料等を買い込んで、銀行で両替して、

 後は、ひたすら道を北上します。

NZ2010MB013.jpg

NZ2010MB014.jpg

 夕闇迫る知らない道を、制限速度100キロで飛ばす!

 はっきり行って、辛いものがあります。 日本の高速道路ならまだしも、一般道ですから、

 ニュ-ジ-ランドは高速道路は無料で、一般道とそのまま繋がってます。

 可能な限り北上して、ハウエラの町でこの日の宿を探して、宿泊! でニュ-ジ-ランドでの2日目が終わる。


ranking
スポンサーサイト
line

comment

Secret

line
line

line
プロフィール

ホクトタカシ

Author:ホクトタカシ
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
sub_line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。